東京都渋谷区の渋谷駅より徒歩5分、指圧マッサージ・鍼灸治療・ストレッチの治療院

渋谷マッサージ鍼灸整体治療院ティーワン

混雑が予想されますので御予約をお薦めします。いますぐ、お電話を!!

TEL 03-3780‐9800 

渋谷マッサージ鍼灸整体治療院ティーワン  四十肩・五十肩 お問い合わせ

東京都渋谷区道玄坂2-25-10
小田原屋ビル5F

03-3780-9800

渋谷マッサージ鍼灸整体治療院
ティーワン

渋谷マッサージ鍼灸整体治療院ティーワンMAP

東京都渋谷区の渋谷駅から徒歩5分。
渋谷駅ハチ公口から文化村通りを進み、カラオケ館の隣、ウィルコムショップのあるビルの5階です。

渋谷マッサージ鍼灸整体治療院ティーワンブログ
渋谷マッサージ鍼灸整体治療院
ティーワンブログ

 こちらのブログでは、お客様からいただいた全てのコメントをスタッフからのコメントも交えながら紹介しております。

マッサージ渋谷鍼灸指圧院リラクージュ(渋谷井の頭通り)オフィシャルホームページ
マッサージ渋谷鍼灸指圧院
リラクージュ(渋谷井の頭通り)
オフィシャルホームページ

系列店リラクージュ(渋谷井の頭通り店)のホームページです。

 四十肩・五十肩 

〜 肩こり 〜

 四十肩・五十肩

 五十肩は、中高年に多く見られる運動器系(整形外科的)疾患の一つです。肩関節の運動障害と、肩・首筋・上腕などの鈍痛を愁訴とするものの通称です。1960年代までは四十肩と呼ぶのが一般的であったが、現在は「五十肩」と呼ぶことが多い。

 肩関節を構成する筋肉群が損傷した結果、後日に拘縮(こうしゅく、ちぢむこと)と呼ばれる変化を来し、運動制限、特に挙上困難となります。進行すれば関節に負担がかかるため、骨・軟骨・靱帯・関節包をも悪くしてしまいます。

腱板断裂
上腕二頭筋長頭腱炎
石灰沈着性滑液包炎
石灰沈着性腱板炎
などがあります。

原因疾患として 腱板損傷最初、肩関節付近に鈍痛がおこり、腕の可動範囲の制限が起こります。次第に痛みは鋭いものになり、急に腕を動かす場合などに激痛が走るようになっていきます。痛みのために、腕を直角以上に上げられなくなったり、後ろへはほとんど動かせないなどの運動障害が起こります。生活にも支障をきすようになり、重症化すると、洗髪、髪をとかす、歯磨き、炊事、洗濯物を干す、電車のつり革につかまる、洋服を着る、寝返りを打つ、排便後の尻の始末などが不自由となり、日常生活に大きな困難をもたらす場合があります。軽症で済むか重症化するかの仕組みもはっきりしていない。

 初期の症状が始まってからピークを迎えるまで数ヶ月を要し、ピークは数週間続き次第に和らいでくる。痛みのレベルにもよりますが、鋭い痛みが感じられなくなるまでに半年前後、さらにボールなど物を投げられるようになるまでには1年前後かかります。腕の可動範囲を発症前の状態までに戻せるかどうかは、痛みが緩和した後のリハビリ次第だが、多くの場合発症前の状態には戻りにくいです。

予防方法

 体験談によると、症状が発症してしまったら、痛みのピークを超えるまで途中で進行を食い止めることは現状では困難のようです。また、片方の肩が発症してしまった場合に、もう一方の肩を守ろうと予防に努めても徒労に終わる場合が多いようであす。日頃から適度な運動をしていても発症してしまう例もあります。

 肩関節およびそれを構成する靭帯の問題で生活の中で起こりうる症状であり免疫性はないために、何回症状を起こしたとしても不思議なことではありません。

 五十肩の病態に関係するものとして以下のものがある。 鎖骨・上腕骨・(肩甲骨)・棘上筋・棘下筋・肩甲下筋 これらのものが問題を起こし病態を形成しています。

治療方法

 急性期や、じっとしていても痛むとき、痛みが激しい時は、アイシングをする。慢性化してから(動かしたときにだけ痛む)は鍼治療、指圧、外科治療などに効果がある場合もあります。

痛みのピークは数週間〜1ヶ月前後で治まることもあるが、完治までは2年かかると言われている。リハビリに努める必要があり、これを怠ると腕の可動範囲が狭まったままとなる可能性がある。

四十肩・五十肩鍼灸治療コースはこちら


〜 他の主な症状 〜

 肩こり
 パソコン疲れ
 腰痛
 足のむくみ
 ぎっくり腰
 手のしびれ
 寝違え
 花粉症
 夏バテ
 冷え

サイトマップ 関連サイト 相互リンク 会社概要

Copyright(c)2009 T1co. All right reserved.